育毛剤の知識を深めよう!

当サイト(育毛剤まるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトでは、育毛剤の効果(髪の毛が生える仕組み、抜け毛が減る仕組み)や使用方法、利用における注意点などについて、詳しく解説をしています。また、育毛剤を利用する上で気になること(副作用や返金保証、選び方、臭いなど)についても触れています。当サイト内のコンテンツを一通りご覧いただければ、育毛剤の全てをまるわかりできるようになっています。育毛を成功させる第一歩は、育毛についてよく知ることから始まります。そのためにサイトを有効活用してください。

そもそもなぜ薄毛になる?


男性の薄毛のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状です。AGAとは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが過剰に分泌されることで起こる脱毛症のことです。テストステロンが過剰に分泌される原因は、ストレスや生活習慣、加齢、遺伝など、さまざまです。テストステロンが毛根内部にある毛乳頭に入ると、毛母細胞の細胞分裂が活発に行なわれなくなってしまうため、髪の毛が抜けてしまうのです。また、新たな髪の毛が生えにくくなってしまいます。AGAの特徴として、額の髪の生え際が後退するか、頭頂部から薄くなっていきます。両方が同時に薄くなることもあります。

AGAに悩む男性


育毛剤にはどんな効果がある?


簡単に説明をすると、育毛剤にはテストステロンの影響で弱ってしまった毛母細胞の働きを活発にさせる効果があります。育毛剤にはさまざまな作用がありますが、頭皮の血行を促進させたり、毛根に栄養を与えたり、テストステロンの働きを抑えることで、毛母細胞を刺激して、毛根から新しい髪の毛が生えるように促してくれるのです。また、今ある髪の毛が抜けにくくなるように、髪の毛を丈夫にする効果もあります。

育毛剤の使用方法とは?


育毛剤の使用方法は至ってシンプルです。まず、頭皮をシャンプーでよく洗い、頭皮の汚れや皮脂を落とします。シャンプー後に育毛剤を直接頭皮に塗布します。頭皮をキレイな状態にしてから育毛剤を塗布すると、育毛剤の成分が毛根の内部にまで入りやすくなるので、より高い効果が期待できます。尚、育毛剤を塗布する回数は商品によって異なりますが、ベストなタイミングは夜の入浴後です。

育毛剤の利用における注意点とは?


育毛剤を利用する上で最も注意すべき点は副作用です。育毛剤には、大きく分けて内服タイプ(錠剤タイプ)の育毛剤と、外用タイプ(頭皮に塗布するタイプ)の二つがありますが、前者は医薬品に指定されているため高い効果が期待できますが、副作用(性機能障害、肝機能障害、多毛症、うつ病になりやすい、発がん性リスクなど)も報告されています。後者は医薬部外品(医薬品ほどではないが効果はある)に指定されており、基本的に問題となるような副作用(稀に頭皮が荒れることがある)はありませんが、効果は内服タイプに比べると劣ります。ただ、安全性を考えると、まずは市販の外用タイプの育毛剤を使ってみて、効果が感じられなかった場合に医師から内服タイプの育毛剤を処方してもらったほうがよいでしょう。内服タイプの育毛剤から先に試す人はほとんどいません。

育毛剤はどれを選べばよい?


まず、市販の育毛剤はネット通販、ドラッグストア、美容院から購入をすることができますが、おすすめのはネット通販の育毛剤です。なぜなら、ネット通販で販売されている育毛剤には、どれも全額返金保証があるからです。ドラグストア、美容院で販売されている育毛剤には、全額返金保証がありません。

ネット通販だけでも星の数ほど育毛剤は販売されていますが、その中からどれを選べばよいのか?より確実なのは、人気ランキング(売上ランキング)の上位にランクインしている育毛剤を選ぶことです。なぜなら、育毛剤は継続的に使い続けることで効果を維持できるモノですが、効果が高い育毛剤は多くの人に継続的に購入されているので、必然的にランキングの上位に入るからです。つまり、「人気ランキングの上位にランクインしている育毛剤=継続的に購入されている=効果が高い」ということなのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク